【台湾中国語のワンポイント】超重要!「的」「得」「地」の違いと使い分け

中国語の学習をしていると「的」「地」「得」の壁にぶつかるかもしれません。

壁にぶつかる要因として、3つとも読みが『de / ˙ㄉㄜ』なんですよね。だから文中にあると、よくわからなくなる(涙)私もわからなくてレッスンで老師に聞いたり、台湾ドラマなどで使い方をよくチェックしました。

ということで、今回は台湾における「的」「地」「得」の違いと使い方についてまとめてみました。

目次

的(de / ˙ㄉㄜ)

名詞を修飾する

「的」を使って名詞を修飾します。「的」の前には、名詞・代名詞・形容詞フレーズ・動詞フレーズを置きます。

人間関係、所属、場所、所有を表す

我媽媽(私のママ)、你們朋友(あなたたちの友だち)
我家(私の家)、我們公司(私たちの会社)
我這裡(私のところ)
(私の犬)、我們房子(私たちの部屋)
經驗(あなたの経験)、感覺(あなたの感覚)

人称代名詞 の後の「的」は、所有を表す場合以外は省略することが多いです。

動詞や形容詞で名詞を修飾する

穿衣服・・・・動詞フレーズ
着ている服
美好一天・・・形容詞フレーズ
素敵な一日

動詞を修飾する

台湾では「的」を使って動詞を修飾します。詳細は次の「地」の項目で説明します。

慢慢走吧!
ゆっくり歩いてね!

内容を強調して述べる

  • 誰が(人物)
  • いつ(日時)
  • どこで(場所)
  • どうやって(方法・手段)
  • なんのために(目的)

を「是」と文末の「的」の間に入れると、その内容を強調させることができます。ここで強調する内容は既に行われた動作であることが多いです。

在台北長大
私は台北で育ちました・・・・・”台北で”育ったことを強調している

地(de / ˙ㄉㄜ)

中国の普通話では「地」を使いますが、台湾では「的」と「地」の区別をしないため「的(de / ˙ㄉㄜ)」を使って動詞を修飾します。※「地」でも間違いではありませんよ!

「的(地)」は、動詞の前に置いて、どのような様子で動作が行われるかを説明します。

動詞を修飾する語句+(地) + 動詞

動詞を修飾する語句には、形容詞や副詞が入ることが多いです。また、動詞が入ることもあります。

中国語「的」の使い方

我們認真工作
私たちは真面目に働く
天氣漸漸涼了
だんだん涼しくなってきた
她小聲回答了
彼女は小声で答えた
不滿說「是」
不満そうに「はい」と言う

動詞を修飾する形容詞が単音節の場合

動詞を修飾する語句には「1文字の単音節」は使えません。単音節の形容詞は形容詞の重ね型にして使います

快快
早く歩く
慢慢
ゆっくり食べる
好好想一想吧
よく考えてみよう

得(de / ˙ㄉㄜ)

その動作や状態がどうなのかを説明します。「得」の後ろの動作・状態を説明する語句を「様態補語」または「状態補語」といいます。

動詞/形容詞++動作・状態を説明する語句(形容詞や動詞フレーズなど)

中国語「得」の使い方

他跑很快
彼は走るのが早い
她來太遲了
来るのが遅すぎる
我字寫不太漂亮
私は字があまり綺麗じゃない

まとめ

今回は、「的、地、得の違い」についてまとめてみました。

台湾では「地」を使わないので「的」と「得」の違いと言ってもいいかもしれませんね。

「的」と「得」は日常会話でなくてはならない超重要ワードなので、実はちゃんと理解する必要があります。「的」は日本語でいう「〜の」だけじゃないですよ!

この3つは発音が同じで非常にわかりにくいので、私はこう覚えています。

deの見分け方
Share!シェア!分享!
目次
閉じる