【台湾中国語の文法】必須と言っても過言ではない!方向補語を使いこなそう①

中国語の補語は大きく6つあります。

  • 様態補語(動作の状態を描写する)
  • 程度補語(動作の程度がどうなのかを表す)
  • 結果補語(動作や行為の結果どうなったのかを表す)
  • 方向補語(動作の方向性を表す)
  • 可能補語(動作が実現可能かどうかを表す)
  • 数量補語(動作の回数や経過した時間、継続した時間を表す)

「補語」は使いこなすことがかなり難しいので、苦手な方も多いのではないでしょうか。

今回は、中国語の補語シリーズ第4弾として「方向補語」の使い方です。方向補語はボリュームが大きいので2回に分けて解説します。

目次

方向補語とは?

方向補語は、動詞の後ろに置いて、その動詞の行為の具体的な方向や状態の方向を表します

方向補語の種類は3つ

方向補語になるものは方向を表す次の動詞に限られます。

lái / ㄌㄞˊ
qù / ㄑㄩˋ
shàng / ㄕㄤˋ
xià / ㄒㄧㄚˋ
jìn / ㄐㄧㄣˋ
chū / ㄔㄨ
huí / ㄏㄨㄟˊ
guò / ㄍㄨㄛˋ
qǐ / ㄑㄧˇ
kāi / ㄎㄞ

方向補語は、単純型と複合型の2つの型があります。単純型はさらにタイプⅠとタイプⅡの2つに分けられます。

方向補語の種類

① 単純型方向補語タイプⅠ「来」と「去」
② 単純型方向補語タイプⅡ「上・下・進・出・回・過・起・開」
③ 複合型方向補語(①と②を組み合わせたもの)

単純型方向補語の使い方

単純型タイプⅠ:來と去

「來」と「去」は、動作をして近づいてくるのか遠ざかるのか、話し手から見た動作の方向を表します。

動詞+來 /

・・・自分に近づいてくる

貓咪
猫が走ってくる(跑+=走る+来る)

・・・自分から遠ざかる

我的帽子被她
帽子を彼女に持っていかれた(拿+去=持つ+行く)

場所を表す場合

場所を表す場合は、目的語は「来/去」の前に置きます。

動詞+場所+來 / 去

姐姐房間
姉が部屋に入ってきた

彼は家に帰っていった
台中
台中に行ってきました

動作が実現していない場合

動作が実現していない場合も、目的語は「来/去」の前に置きます。

動詞+目的語來 / 去

我想相機拍照
カメラを借りて(きて)写真を撮りたい
沒拿字典
辞書を持って來なかった

動作が実現済みである場合

目的語が場所ではない場合で動作が実現済みならば、目的語は「来/去」の後ろに置きます。

動詞+來 / 去+(了)+目的語

一瓶酒
彼はお酒を1瓶持ってきた
我今天這裡
今日ここに引越してきました

単純型タイプⅡ:上・下・進・出・回・過・起・開

単純型タイプⅡの方向補語は、「上・下・進・出・回・過・起・開」の8つあります。どの方向に動作するのか、客観的な動作の方向性を表します。
単純型タイプⅠの「來」「去」とは異なり、目的語の有無に関わらず方向補語の後ろに目的語を置きます。

動詞+上・下・進・出・回・過・起・開
動詞+上・下・進・出・回・過・起・開+場所
動詞+上・下・進・出・回・過・起・開+目的語

・・・下から上に到達する


山に登る

【例】穿上(着る、履く),跑上(駆け上がる),飛上(飛び立つ、舞い上がる)etc . 

・・・上から下へ向かう

行李
荷物を置いてください

【例】跑下( 駆け下りる),收下(受け取る),留下(残る、手元に留める)etc . 

・・・外から中へ 向かう

貓咪房間
猫が部屋に入る

【例】搬進(運び入れる)etc . 

・・・中から外へ向かう

鑰匙
彼は鍵を取り出す

【例】帶出(持ち出す),搬出(運び出す)etc . 

・・・戻る

弟弟家了
弟は家に走って帰った

【例】放回(もとの場所に戻す)etc . 

・・・通過する

飛機天空
飛行機は空を飛んでいった

【例】飛過(飛んでいく)etc . 

・・・下から上へ 、起きる

杯子
グラスをお持ちください

【例】拿起(持ち上げる)etc . 

・・・離れる、広がる


ドアを開けてください

【例】離開(離れる),想開(心を広く持って考える),分開(別れる、分ける)etc . 

おすすめ書籍

補語を深く理解したいなら、「誤用から学ぶ中国語 続編1 -補語と副詞を中心に-」がおすすめです。細かい解説と例文が多いことで、難しい補語を理解するきっかけができると思います。

中国語の文法全般を学ぶなら、相原先生の「Why?にこたえるはじめての中国語の文法書」が圧倒的におすすめです。簡体字のテキストなので台湾華語と違う部分もありますが、持っていて損はないテキストだと思います。


Share!シェア!分享!
目次
閉じる